2018.05.20

おさる

2018-05-19066[1]

2018年5月19日、次女小6、三女小1とNAC札幌ボルダリングラソラさっぽろ(元イーアス札幌)にて。

はっきり言ってサル、次女小6。

有り得ない足運び、不自然な身のこなし、思いもよらないホールド選び。我が家唯一のスポーツマンは、不思議な身体の使い方と突飛な発想で、立ちはだかる壁をクリアしていく。なんというか、はっきり言ってサル

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#saru-borudaringu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

ファミリーボルダリング

2018-04-30007[1]   
   
2018年4月30日、家族とNAC札幌ボルダリング。ラソラさっぽろ(元イーアス札幌)にて。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.585 動画ボルダリングな父、NAC札幌
      (6048kb.28秒間.asf形式)            
過去のアウトドア動画

何がダメって服装がダメ、特に長男中2。オーバーサイズのマリオTシャツにジーンズって、動きづらいとか以前にエリア内の雰囲気が壊れる、空気読め。   
   
嗚呼それなのに父の100倍身軽。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#kazoku-borudaringu01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.29

スクープ

2018-04-29006r[1]   
   
2018年4月29日、自宅の居間にて。   
   
姉からもらった絵の具セットを使いたい気持ちをどうしても抑えきれず、親の居ぬまに古新聞を広げ大傑作を書き上げた三女6歳が、筆を洗った褐色の水をブチまけ、慌てて雑巾で拭いている現場に帰宅直後に遭遇した父親は、バタバタな彼女に手を貸すこともなくスクープ写真をiPhoneで撮りまくり。

そんな日曜日の昼下がり、なんかありがとうって感じ。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2018.html#scoop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.22

ねばびなー

2018-04-180011[1]

2018年4月18日、自宅にて。

ねばびなー、ねばびなー、

鼻歌を口ずさみながら除雪作業に専念すると、ついつい気合いが入り過ぎて確実に腰を痛めそうな、士気を鼓舞する楽曲ばかり。

4月前半のヘビロテ&パワープレイ。グレイテスト・ショーマン、サントラ。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2018.html#nebabina-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

ボルダリング部、創設

2018-03-24030[1](f)

2018年3月24日、職場の仲間NAC札幌でボルダリング。イーアスさっぽろにて。

スキー部キャンプ部、カメラ部、SUP部スノボ部に続いて、今回めでたく部活動に昇格したボルダリング部。部員は現在8名、所属や年齢や経験の有無による入部制限無し、活動日は不定期。

今後、部活動昇格を目指しているのはラフティング部、渓流釣り部、ワカサギ釣り部。昇格条件はたった1つ、活動実績のみ。VIVA道楽者

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#borudaringu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.11

メインサイトのアクセス順位(2017年12月~2018年2月)

※2017年11月より上昇、下降、変化なし、初登場。   
   
●01位わかさぎ釣りのすすめ   
●02位自作ルアー製作過程   
●03位知床熊の湯入門   
●04位自作ルアー紹介   
●05位淡水の釣り2005   
●06位海水の釣り2005   
●07位淡水の釣り2015   
●08位淡水の釣り2013   
●09位他あれこれ2017   
●10位道内日帰り旅行2018   
   
メインサイト「相良の窓・アウトドア」の、 2017年12月~2018年2月のページビュー数を集計。   
   
2017-18ウインターシーズンは、初ボルダリングと初スノボに挑戦。「運動神経というのはイメージと身体を繋ぐ神経のことである」「人生とは、壁を登ることではなく、壁を登るための石を探すことである」。悟り、開きまくり。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/sagamado3.htm#rank

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.24

本格風サウンドクリエイター

2018-02-22014r[1]

2018年2月22日、自宅にて。

我が家のサウンドクリエイター長男中1の最近の動向は、デスクトップパソコンを購入し、DAWアプリケーションをインストールして、オーディオMIDIインタフェースを接続後、USBでキーボードを繋ぎ、何やら本格風DTM。どこまで突っ走るのか、父は傍観なう。

ところで、そのヘッドフォン俺のだぞ勝手に使うなよ何度も同じこと言わせるな。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2018.html#dtm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.02.23

第2回スノボ練習会、盤渓ナイター

2018-02-17028[1]

2018年2月17日、ばんけいスキー場にて、第2回スノボ練習会

「あっ、今わりと上手く滑れた」とか「おぉ、これはちょっとつかんだかも」とか、そういった瞬間が無かったわけではないのだけれど、その一瞬だけがモチベーションを高める要因かと聞かれたら必ずしもそうではなく、むしろ、今回やむなく参加できなかったメンバーも含め、この仲間たちと一緒に過ごすという行為そのものが「新たに何かを始めたい」的な空気を発生させているような気がする、というそもそも論。

それにつけても後頭部の痛さよ。次回はニット帽2枚重ねだなこりゃ。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#bankei-sunobo-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

インスタ映え考、さっぽろ雪まつり

2018-02-10066[1](d)   
   
2018年2月10日、さっぽろ雪まつり大通会場。   
   
投稿数がインスタ7割、Facebook2割、ブログ・サイト1割と、すっかりインスタ人間に様変わりしてしまった私が最近こだわらずにはいられないのは情報密度。   
   
添えられるコメントがハッシュタグという名の散文詩状態で、経緯やレビューなどの「大河ドラマ」は読まれないのがデフォルトである昨今、写真も文章も無駄を捨て、スキマをぎゅっと圧縮し、一口サイズに盛り付けたあと店先に並べる手間ヒマが求められているんだなって、つまりオードブルのことだよなインスタ映えって。   
   
というわけで、ぎゅっと詰め込んでみました、アトムを含めて画面の中に顔が4つ。あ、レオもいた。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#yuki-maturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

ボルダリング、デビュー

IMG_6695r[1](c)   
   
2018年2月4日、職場の仲間NAC札幌で初ボルダリング。イーアスさっぽろにて。   
   
人生とは、壁を登ることではなく、壁を登るための石を探すことである」   
   
というマイ格言を思いつくほど、ボルダリングに対する印象がガラッと変わった1時間半。   
   
上腕三頭筋がせつない感じに熟成したのが翌日。筋肉痛が突如降臨したのが翌々日。「チーム2日後」の主要メンバーである私にしてみれば、どちらもきっちり想定内。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#borudaringu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.28

スノボ元年、ばんけいスキー場

20180127_100904533_iOS[1](b)

2018年1月27日、職場スキー部の仲間とばんけいスキー場でスノボ講習会。講師陣の皆様には大感謝。

天気が良くて暖かくて最高のシチュエーションにもかかわらず、やりたいことが何もできない歯がゆさ。運動神経というのはイメージと身体を繋ぐ神経のことを言うんだな、なんて考える間もなく、両足を拘束されたまま顔面から転ぶ恐怖を心底楽しんだ3時間半。ひねったのか打撲なのか、原因がよくわからない腰痛。あー明日の寝起きが怖い。

本日「スノボ部」結成。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#bankei-sunobo-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

iPhoneのGoPro化計画、札幌国際

2018-01-08005[1](a)

2018年1月8日、札幌国際スキー場(写真a)。   
   
iPhoneケースとモバイルバッテリーにホッカイロを貼り付けておく→撮影者はストック2本を左手に持つ→右手にストラップ付きのiPhoneを持つ→周りの安全を確認して撮影開始→撮影者の滑りはスタンスを広めにとって安定性重視→滑走者を撮らずにターンの先のスペースを撮る→撮影者の視線と意識は「外界8割、被写体2割」。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
   No.584 動画GoProでしょうか?札幌国際
          (7552kb.35秒間.asf形式)            
過去のアウトドア動画

GoProでしょうか、いいえ手持ちiPhoneです。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#go-pro-kokusai-ski01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.02

ニセコスキー合宿2017

2017-12-27028[1](j)   
   
2017年12月27日~28日、職場の仲間たちとニセコグランヒラフへ。   
   
本格的道楽者を目指し始めて7年になる。知性が感じられるバカ男子でありたいと、常に自分を磨いてきた。   
   
仲間内でのポストは、言い出しっぺの赤レンジャーか、切り込み隊長の青レンジャーあたりを意識してきた。イベントの骨格だけセットして、はいあとはお願いします、とタスキを委ねられるポジションがベストだ。   
   
その後の肉付けは、フットワークの軽いミドレンジャーか、アイデア豊富なモモレンジャーあたりにお願いすれば、成功はほぼ間違いない。適材適所、ひとりで全てを構築しようなんておこがましい。道楽者の資質として最も重要なのは、仲間を巻き込んでプロデュースに徹する姿勢だと信じている。付き合ってくれる仲間に感謝しつつ。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2017.htm#niseko-ski02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.10

いいの、もうすべりたくないの

171210_092024_PENTAXK-5[1](j)

2017年12月10日、三女5歳と近所の公園にてそり滑り
   
「うわあっ、こわかったー」   
「たいしてスピード出てないよ」   
「でもこわかったー」   
「そんなことじゃ来年スキーできないよ」   
「いいもん、すきーしたくないもん」   
「おっ開き直ったな」   
「そり、もういいや」   
「おいおい、まだ1本しか滑ってないんだけど」   
「いいのいいの、もうすべりたくないの」   
「何だよそれ、行き帰りの時間の方が長いじゃん」   
「なんかおなかすいたー」   

という会話ができる幸せ、を実感する直前にイラっとする父51歳。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2017.htm#hatu-sorisuberi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

メインサイトのアクセス順位(2017年11月)

※2017年10月より上昇、下降、変化なし、初登場

●01位わかさぎ釣りのすすめ   
●02位自作ルアー製作過程   
●03位 道内日帰り旅行2017   
●04位自作ルアー紹介   
●05位過去に紹介したお勧め本   
●06位他あれこれ2017   
●07位淡水の釣り2013   
●08位淡水の釣り2003   
●09位海水の釣り2005   
●10位雨でも楽しめるアウトドア

メインサイト「相良の窓・アウトドア」の、 2017年11月のページビュー数を集計。

2018シーズンは、職場初のナイタースキー・スノボツアーを企画した。12月はオーンズでスキー初級者講習会、1月は盤渓でスノボ初級者講習会。首謀者である私が、1月に満を持してスノボデビューの予定。ちぇけら。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/sagamado3.htm#rank

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.19

除雪メルカリ構想

2017-11-19022[1](i)

2017年11月19日、自宅にて、今シーズン初の大除雪まつり

売ろうと思う、メルカリで。なぜって?売るほど有るから。格安で、手渡し希望で、喉から手が出るほど欲しがるであろうオープン間際のスキー場に。「純度100%北海道産の新雪1トンあたり1000円也」

という類の妄想だけがぐんぐん膨らむ不毛な除雪作業。このアイデアというか構想だけでも誰か買い取ってくれないだろうか格安、手渡しで。

詳細ページ(PC)用:http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2017.htm#merukari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

カリーとTシャツと私、豊平峡温泉

2017-11-11038[1](i)   
   
2017年11月11日、子供達3人を連れて豊平峡温泉ツアー。   
   
雪が降る露天温泉でアジア系外国人に包囲され、冬の訪れとプチ海外気分を同時に味わった後、館内のインドカリーの店へ。4種類のカリーを子供達3人とシェアした。   
   
初めて本格的なナンカリーを食べる三女5歳。   
「ほらほらほら、カレーがぽたぽたおちるおちる、ちゃんと皿の上で食べなさーい」   
「あーあー、そで口にカレーがついちゃうよ、あー」   
   
彼女のベトベトな手元に気を取られ、自分の真っ白なTシャツに中辛ポークカリーがぽたりと垂れたことに気付けなかった父。しつけ上、親としてもっとも示しがつかない状況に追い込まれ、自分の老後の立ち位置について突如天啓を得た初冬の昼下がりであった。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2017.htm#houhei-kyou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.04

りけじょ予備軍

2017-11-03043r[1](h)

2017年11月3日、近所の地区センターにて。

手品と忍術と科学ドラえもんの区別がつかない三女5歳と「科学の祭典」へ。先週の青少年科学館に続き、2週連続で理系デート。

外出先では徹底して無愛想なはずの三女をして、見ず知らずの講師の方に正対し、笑顔でありがとうと言わしめるほど、「かがくっぽいふしぎななにか」を求めてやまない最近の彼女。

ダメだダメだ、5歳児の脳細胞はなにかを完全に勘違いしている。君が今うっとりと憧れているそれらの「ふしぎたち」は、ドラえもんのひみつ道具となんの関係もないのだよ、即刻忘れなさい。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2017.htm#rikejo-yobigun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.21

シカのツノ

171021_082031_GRDIGITAL3[1](h)

2017年10月21日、鹿撃ちを趣味とする知り合いの方から、立派な鹿の角を2本いただいたのが数日前。

理解されにくいのだコレが、特に女子のウケが良くない。「なんだかんだ言ってでしょ結局…」って意味不明な気味悪がられ方をされて、せっかくドヤ顔自慢したのになんか淋しい気持ちにさせられて。

その点、アウトドア風インドア人間の長男中1は、父のアウトドア魂を裏切ることだけは絶対にしない漢(おとこ)だ。「えーっ、一本くれるの?ありがとー!キーホルダー作ろうかなあ。切っちゃったらもったいないかなあ…」。小学生当時の工作魂がちらちらと垣間見えるが、それはそれとして、いい感じのバカ男子に仕上がった長男に、久々に目を細める父なのであった、めでたしめでたし。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2017.htm#shika-no-tuno

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

作品「どうぶつえん」

20171015001[1](g)

2017年10月15日。

幼稚園の遠足で円山動物園から帰ってきた三女5歳が描いた「どうぶつえん」、サイケかつファンキー。

キーキーと鳴くミッキー風の足長ペソギソや、つけまつけたライオソや、充血したうさぎっぽいのにまぎれて、円山動物園には存在しないナマケモノが木の上にちょこんと。
数年前、死んだはずの「ぞうさん」がくっきりとみえた三女のことである、ナマケモノの1匹や2匹みえたところで、今さら父は驚いたりはしない。それどころか私には、木の向こう側にコアラらしき影がうっすらと垣間見える。

身も心もすっかりインスタ人間にシフトしてしまった私が、この作品にハッシュタグを付けるとしたなら「#ペソギソ」「#ライオソ」。万が一、これらが検索に引っかかったなら、逆にびっくり。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2017.htm#e-zoo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«メインサイトのアクセス順位(2017年9月)