« その3-(1)濡れないための道具 | トップページ | その3-(3)濡れても気にならない道具 »

2004.08.08

その3-(2)濡れた後に手間がかからない道具

「濡れた後に手間がかからない道具」には、速乾性の衣類があります。

アウトドアでは、濡れた衣類を乾かすことは容易ではありません。
雨の日には、乾きやすい衣類を選んで着るようにしましょう。ポリエステルの新素材でできたTシャツや靴下は、重宝します。綿の衣類は予想以上に乾きにくいので、避けた方が無難です。

私はこのポリエステルの衣類が、実はあまり好きではありません。肌触りが悪いことと、長く着るとかゆみを感じることがあるからです。日中はポリのTシャツで活動し、温泉のあと綿のTシャツに着替えるというパターンが、過ごしやすいと思います。

1週間以上のキャンプでは、いくら工夫しても洗濯物がたまります。キャンプ場の近くのコインランドリーは、事前にチェックしておきましょう。

晴れていればサイト内に干すことができます。最近はキャンプ場内に乾燥機の設備が整っているところが増えています。賛否あるようですが、私はこだわらずに利用しています。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/beginner1.htm

|

« その3-(1)濡れないための道具 | トップページ | その3-(3)濡れても気にならない道具 »

「入門:雨でも楽しめるアウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63216825

この記事へのトラックバック一覧です: その3-(2)濡れた後に手間がかからない道具:

« その3-(1)濡れないための道具 | トップページ | その3-(3)濡れても気にならない道具 »