« リニューアル、支笏湖畔 | トップページ | メインサイトのアクセス順位(7月上旬) »

2005.07.10

エキサイト!小樽水族館

小樽水族館のイトウ(m)

2005年7月10日、おたる水族館(小樽市祝津3丁目303番地・0134-33-1400)。

実は、ちょうど1年ほど前に、父娘で小樽水族館に訪れたことがある。

その日は、30℃超の真夏日だった。入館して5分もしないうちに「おとうさん、おさかなコワイ…」と、当時2歳の娘。やむなく、うだるような暑さの中、トドやペンギンなどの屋外ショーだけ見て、早々と帰宅した。

そんな「虚しい思い出」が残る小樽水族館に、久しぶりに家族4人で訪れた。

またガッカリさせられるのはこりごりなので、当日までしつこく確認した。
「魚、怖いんじゃないの?」
何度尋ねても、彼女の答えは
「もうだいじょうぶだよ!」

その言葉は本当だった。今回は怖がるどころか、入館から退館まで終始ハイテンションだった。そんな娘の様子がよく分かる写真m。あこがれの淡水魚「イトウ」の水槽前にて。

小樽水族館のイルカショーにて(n)

娘が最も興奮していたのは、バンドウイルカのショーだった(写真n)。手前の1歳になる息子は、あまりの迫力に途中から泣き出したが、娘は叫びっぱなし、拍手しっぱなし。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.49 動画イルカジャンプ!拍手喝采
          (343kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

小樽水族館のウミガメ(o)

前回は近寄ろうとさえしなかった「ウミガメの水槽」を、平気でのぞき込んでいた(写真o)。

嗚呼、こんなことで「成長したなぁ」と感慨にふけってしまう親バカ。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku02.htm#otaru-suizokukann

|

« リニューアル、支笏湖畔 | トップページ | メインサイトのアクセス順位(7月上旬) »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63216965

この記事へのトラックバック一覧です: エキサイト!小樽水族館:

« リニューアル、支笏湖畔 | トップページ | メインサイトのアクセス順位(7月上旬) »