« フナふなフナ…茨戸川教育大裏 | トップページ | メインサイトのアクセス順位(2006年2月) »

2006.03.05

回転猿

サル山とレストハウス(e)

2006年3月5日、札幌市円山動物園。年間パスポートの使用は7度目。今回は家族4人で訪れた。

今年1月の来園時に建設していた「サル山のレストハウス」は、外観がほぼ出来上がっていた(写真e)。 今月中に完成予定。

熱帯動物館のカバ(f)

熱帯動物館ではカバが絶好調だった(写真f)。絵本(『かばくん』『おふろだいすき』等々)でしか見たことがない大きな口を、惜しげもなく披露。カバ好きの娘と息子は、 ライブの迫力に絶句していた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.87 動画カバ、水中から登場
          (247kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画


1月に娘の心をとらえたチンパンジーの赤ちゃんには、残念ながら会えなかった。チンパンジー館の展示室をいくら探しても見あたず。そのかわり、 こんなファンキーやつがいた(動画参照)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.89 動画くるくるチンパンジー
          (365kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

トカラヤギの赤ちゃん(g)

というわけで、チンパンジーの赤ちゃんにはお目にかかれなかったが、1月に産まれたヤギの赤ちゃんに会うことができた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.88 動画トカラヤギの赤ちゃん
          (279kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

仔ヤギはオスとメス1頭ずつで、メスは“小雪”オスは“茶目”。こども動物園内のヤギ・ヒツジ舎で見ることができる。

首に付けた鈴の音が、まさしく「ハイジ」の世界。やたらピョンピョン飛び跳ねている様子も、アニメで見たあの光景と同じだ。

ところで、ヤギたちがなめていた「謎の四角いかたまり」はいったい何?(写真g)

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku03.htm#maruyama-doubutuenn2

|

« フナふなフナ…茨戸川教育大裏 | トップページ | メインサイトのアクセス順位(2006年2月) »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63217020

この記事へのトラックバック一覧です: 回転猿:

« フナふなフナ…茨戸川教育大裏 | トップページ | メインサイトのアクセス順位(2006年2月) »