« メインサイトのアクセス順位(2006年6月) | トップページ | オショロコマの日 »

2006.07.02

「サル山レストハウス」リポート

円山動物園のサル山展望レストハウス(r)

2006年7月2日、円山動物園。

娘(4才)はこの日、早朝5:30に起床。親がまだ寝ているというのに、一人で着替えを済ませていた。動物園が楽しみで早く目覚めたらしい。 蛙の子は蛙、血は争えない(←△。血は争われない←◎)

今年3月以来4ヶ月ぶり、ということになる。昨年度は、冬期営業を含め「3ヶ月に2回」のペースで訪れた。年間パスポートが切れていたのであらためて購入。

今回のメインターゲットは、「サル山のレストハウス」と「北極熊の赤ちゃん」である。

新設された二ホンザルの展望レストハウス(写真r)は、大盛況だった。

サル山展望レストハウスの1F(s)

1Fには、くつろいでサルを観察できるスペースがあった(写真s右)。また、 幼児を遊ばせるコーナーや子供用クライミングウォールが併設されている。「サルのように落ち着かない我が子」と一緒でも、これなら気兼ねなく利用できる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.104 動画サル山レストハウス1F内部
           (352kb.7秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画


窓の外側のアプローチ(写真s左)は、サル山とハシゴでつながれている。まかれた餌を目当てにきたサルを至近距離で観察、という寸法だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.105 動画レストハウスからサルを見る
           (429kb.8秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

サル山展望レストハウスの2F(t)

2F窓側にはカウンター席があり、猿を眺めながら弁当を食べることが可能(写真t)。難を言えば、少々ハエが多い。その手の虫をあまり気にしない我々でさえ、食事に集中することができなかった。

面白かったのは、床に設置された「四角いのぞき窓」。餌場のサルを、上から眺めることができる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.106 動画レストハウス2Fののぞき窓
           (292kb.5秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

ホッキョクグマの赤ちゃんピリカ君(u)

サル山をあとにして、ホッキョクグマを見に行った。

赤ちゃんの名はピリカ(写真u)。釧路市動物園に婿入りした「ツヨシ」の弟である。すっかり大きくなっていたけれど、動きはまだまだあどけない。 プールに浮いた丸太にじゃれて、嬉しそうにはしゃいでいた。

我々が見ているときに、飼育係の人がちょうど餌やりを始めた。母熊に投げているかたまりは「クローバーの葉」(動画参照)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.107 動画ナイスキャッチ!北極熊
           (333kb.6秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

熊牧場のヒグマに劣らぬ、堅実なキャッチング。それにしても、「北極熊とクローバー」 はイメージが繋がらない。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku03.htm#maruyama-doubutuenn3

|

« メインサイトのアクセス順位(2006年6月) | トップページ | オショロコマの日 »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63217058

この記事へのトラックバック一覧です: 「サル山レストハウス」リポート:

« メインサイトのアクセス順位(2006年6月) | トップページ | オショロコマの日 »