« 書籍「北海道の渓流釣り―ここなら釣れる!」 | トップページ | アウトドア一問一答(温泉) »

2006.07.18

セミの幼虫

公園で虫取り(p)

2006年7月17日、近くの公園で。

雨が降ったりやんだりの祝日、子供2人を連れて虫取りに行くことにした。虫を怖がらぬ息子は、今回が初の虫取り。

「公園の林じゃ、たいした虫はいないだろうな…」

狙いは始めから“カタツムリ”だった。2人に1匹ずつ捕まえられたら上出来。そんな気持ちで林に入った(写真p)。

セミの幼虫その1(q)

ちょっと大きめの木があったので、幹が二股に分かれた部分をのぞいてみた。ごそごそと動いていたのは、なんとセミの幼虫(写真q)。

抜け殻は見たことはあるけれど、私自身、幼虫にお目にかかるのは初めて。このグロテスクな生き物を、子供達は遠巻きに眺めていた。

セミの幼虫その2(r)

同じ木に、もう1匹幼虫がとまっていた(写真r)。1匹目は赤茶けていたが、2匹目は灰色っぽい茶色。今夜羽化するために、地中からはい出してきたのでは。

私は虫に詳しくないので、セミの種類は全く分からない。サイトで調べてみたら、「エゾゼミ」というのにやや似ていたが。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.110 動画セミの幼虫1(マクロ動画)
           (356kb.7秒間.asf形式)
  No.111 動画セミの幼虫2(マクロ動画)
           (283kb.5秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

写真だけ撮って、幼虫は元の場所へ。ちょっと怖かったのか、子供達も持ち帰りたいと言い出すことはなかった。

余談だが、北海道ではセミの幼虫を「モズ」「ドンコ」「ガニ」「ガニゼミ」などと呼ぶらしい。そういえば、「支笏湖では“セミの幼虫型ルアー” が効果的」という話を、釣りキチ三平か何かで見かけたことがある。

その後、めでたく大小2匹のカタツムリをゲット。姉弟それぞれの虫かごに入れた。大満足の笑顔も2つゲット。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/saikinn.htm#semi-youtyuu

|

« 書籍「北海道の渓流釣り―ここなら釣れる!」 | トップページ | アウトドア一問一答(温泉) »

「その他あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63217061

この記事へのトラックバック一覧です: セミの幼虫:

« 書籍「北海道の渓流釣り―ここなら釣れる!」 | トップページ | アウトドア一問一答(温泉) »