« 芸術猿 | トップページ | 書籍「なるほど!THEワカサギ大全 Ⅳ(4)」 »

2007.01.09

ガラ・ルファ

(c)

2007年1月6日、新札幌のサンピアザ水族館。
(札・厚別区厚別中央2-5-7-5  011-890-2455)

雨天時、幼児連れで気軽に出かけられる場所のひとつが水族館。小樽水族館までは高速でも1時間かかるので、ちょっと時間があいたときには、 サンピアザ水族館が近くて便利。

2フロアで狭い上に、イルカショーなどの派手な展示物が無い。しかも大人900円、3歳以上400円かかる。年間パスポート(1000円)が使える円山動物園と比べるとかなり割高に感じるが、「近い」というのは大きなメリットだ。 いざという時に重宝する。

今回、印象に残った展示は「ガラ・ルファ」、ドクターフィッシュと呼ばれるコイ科の淡水魚である。体長10センチほど。 人間の古くなった角質を食べ、肌をきれいにしてくれる。水温35度以上の温泉でも生息できるらしい(写真c)。

サンピアザ水族館(d)

サンピアザ水族館では、実際に「食われる」体験ができる(写真d)。おそるおそる手を入れると、瞬く間に魚が寄ってきた。くすぐったい。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.148 動画手をついばむガラ・ルファ
           (301kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ガラ・ルファ、サンピアザ水族館(e)

動画では暗くて確認しづらいけれど、かなりの魚が私の手にヒットした(写真e)。まさに、入れ食い状態

日本からトルコへ、「ガラ・ルファ」テラピー体験ツアーがあるらしい。バスタブに入ったガラ・ルファの大群が、全身をきれいにしてくれるそうだ。 想像しただけでむずがゆくなる。

そこの貴女、トルコまで行かずとも、手だけなら「水族館で美肌」のチャンスだぞ。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2007.htm#sannpiaza-suizokukann

|

« 芸術猿 | トップページ | 書籍「なるほど!THEワカサギ大全 Ⅳ(4)」 »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63217100

この記事へのトラックバック一覧です: ガラ・ルファ:

« 芸術猿 | トップページ | 書籍「なるほど!THEワカサギ大全 Ⅳ(4)」 »