« ブルーシート | トップページ | メインサイトのアクセス順位(2007年4月) »

2007.04.29

オープン初日、旭山動物園

テレビ撮影、旭山動物園(l)

2007年4月28日(土)、所用で旭山動物園(公式ホームページ)へ。仕事なので子供はヌキ。

ゴールデンウィーク1日目、しかも夏季営業の初日。予想通り開園前には行列ができ、新東門前はかなりのにぎわいを見せていた。

園内の混雑は思ったほどではなかったけれど、テレビ局のカメラが入り(写真l)、場内は動物園とは思えない熱気だ。この日、 北海道新聞夕刊のトップは、旭山動物園の「あざらし館」であった。

今回の私のお目当てが、そのあざらし館。道新の報道写真が撮影された9:30頃、ちょうどその場に居合わせた。「もしや」と、 自分が写っていないか探したが…。

2003年、ほっきょくぐま館ぺんぎん館を見たときには、あざらし館は建設中。2006年はくもざる・かぴばら館など、比較的すいている施設だけを急ぎ足で回った。というわけで、満を持しての 「初あざらし館」である。

あざらし館のマリンウェイ、旭山動物園(m)

何と言っても「マリンウェイ(円柱水槽)」が一番の売り。直径1.5mのパイプをアザラシが行き交うたびに、歓声が上がる(写真m)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.160 動画あざらし館のマリンウェイ
           (219kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

不思議なもので、すぐ隣の「大水槽」で泳ぐアザラシには誰も見向きもしない。ガラス越しの距離感はそう変わらないのに。どうやら「筒を通ること」 に意味があるらしい。

あざらし館、旭山動物園(n)

あざらし館2F屋外、マリンウェイの真上にあたるのが、漁港を模した屋外放飼場(写真n)。漁船やテトラポットまで設置してあって、 なかなか芸が細かい。アザラシが日向ぼっこしたり、ヨチヨチ歩いたりする様子を見ることができる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.161 動画あざらし館の岸辺(屋外)
           (420kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画


なるほどと感心したのは、さくの前に「車椅子専用(写真n中央)」や「子供専用」のエリアがあること。子供エリアには、お立ち台がある(左)。 柵からやや離れたところにも、大人用の台が置いてある(右端)。

この程度なら、低コストだし小樽水族館円山動物園もすぐ真似できるのでは。せめてホッキョクグマの周りの植木を撤去してもらえれば、子供を肩車せずにすむぞ。

くもざる・かぴばら館では、カピバラ君がせっせと泳ぐ姿を目撃できた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.162 動画泳げ!カピバラくん
           (703kb.14秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画


その風貌からは想像し難いが、足も結構速い。

スカイブリッジ、ちんぱんじー館、旭山動物園(o)

「ちんぱんじー館」も大盛況。屋外にある「チンパンジーの森」では、人が通行するスカイブリッジ(写真o)やのぞき窓付近で、 サル達がしっかりと愛想を振りまいていた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.163 動画窓際ザル、チンパンジー館
           (402kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画


大丈夫、円山動物園の「サル山レストハウス」もさほど負けてないよ。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2007.htm#asahiyama-zoo

|

« ブルーシート | トップページ | メインサイトのアクセス順位(2007年4月) »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63217121

この記事へのトラックバック一覧です: オープン初日、旭山動物園:

« ブルーシート | トップページ | メインサイトのアクセス順位(2007年4月) »