« メインサイトのアクセス順位(2007年3月) | トップページ | 書籍「釣り人のための山菜50きのこ50」 »

2007.04.02

いざ千歳空港へ!新車デビュー

新千歳空港ターミナルビル(g)

2007年4月1日、思いつきで新千歳空港(写真g)にドライブ。娘、息子と3人で。

目立たないが、空港内は子連れで楽しめる施設が充実している。まずは3F展望デッキに直行し、本物の飛行機を見た。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.159 動画新千歳空港の展望デッキ
           (311kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

巨大な旅客機を初めて見た息子は、帰宅後も「でっっかぁーい!」を連呼していた。

大空の夢アミュージアムとスタンプラリー(h)

空港1~4Fの各所に、歴史に残る飛行機模型が展示されている(写真h)。「ちとせ・大空の夢アミュージアム」と名付けられた展示企画だ。

ライト兄弟やリンドバーグ、レオナルド・ダ・ヴィンチの飛行機模型等々。たいして興味のない娘でさえ結構喜んでいたから、飛行機好きの子供なら嬉しくて発狂すると思う。

写真hで手に持っているのは、スタンプラリーの用紙である。空港内の10ヵ所でスタンプを押し4F受付に持って行くと、記念品をもらえる。今回は2ヵ所どまり。子供達がスタスタ歩ける年齢になったら、再挑戦しよう。

キッズパーク・新千歳空港(i)

4Fの片隅にはキッズパークがある(写真i)。札幌ドームのような大きな遊具ではないが、小1時間遊ばせるのには充分。歩くのに飽きてきた頃に使える、切り札的スポット。

ミニ水族館・新千歳空港(j)

1F到着ロビーの「ミニ水族館」もあなどれない(写真j)。計3つの水槽に70種類以上の魚がいるそうだ。かなり巨大な奴も泳いでいた。 水族館が大好きな息子たちは熱心に見ていた。

ホンダステップワゴン(k)

さて、実は昨日ステップワゴンが納車された(写真k)。憧れの「ナビ、スタータ、ETC」付き。DVDを持ち込んで“ビリーズ・ブートキャンプ” を始められそうなスペースが車内に広がる。幼児なら。

で、老車レガシィはというと、トータル13万キロ弱で御役御免。独身時代に始めて買った相棒には、ナビはなくとも、思い出がめいっぱい詰まっていた。

ついおとといまで、10年来のポンコツに乗っていたオッサンにとって、新車はほぼ「未来カー」だ。ボタンは多いし、いきなりしゃべるし、車内でキーレス使って警報が鳴り出すし。昨晩は車庫で説明書片手に、パニックな数時間を過ごさせていただいた。今のところずいぶん高圧的なルーキー。愛車と呼べる日が本当にやってくるのか。

「空港にドライブ」という発想自体が、そもそも新車に乗りたいがため。近場だとナビやETCを試したい私は満足できないし、遠すぎれば子供達が大変なことになる。距離的にジャスト、到着後も子供が楽しめる格好のポイントが新千歳空港だった。我ながらナイスな思いつきに拍手。

http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2007.htm#chitose

|

« メインサイトのアクセス順位(2007年3月) | トップページ | 書籍「釣り人のための山菜50きのこ50」 »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/63217117

この記事へのトラックバック一覧です: いざ千歳空港へ!新車デビュー:

» アウトドアはキャンプ [アウトドア日記]
アウトドアって言えばキャンプです。 キャンプって言えばアウトドアの醍醐味だよね。 [続きを読む]

受信: 2007.04.02 16:19

« メインサイトのアクセス順位(2007年3月) | トップページ | 書籍「釣り人のための山菜50きのこ50」 »