« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017.11.19

除雪メルカリ構想

2017-11-19022[1](i)

2017年11月19日、自宅にて、今シーズン初の大除雪まつり

売ろうと思う、メルカリで。なぜって?売るほど有るから。格安で、手渡し希望で、喉から手が出るほど欲しがるであろうオープン間際のスキー場に。「純度100%北海道産の新雪1トンあたり1000円也」

という類の妄想だけがぐんぐん膨らむ不毛な除雪作業。このアイデアというか構想だけでも誰か買い取ってくれないだろうか格安、手渡しで。

詳細ページ(PC)用:http://hokkaido.life.coocan.jp/arekore2017.htm#merukari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

カリーとTシャツと私、豊平峡温泉

2017-11-11038[1](i)   
   
2017年11月11日、子供達3人を連れて豊平峡温泉ツアー。   
   
雪が降る露天温泉でアジア系外国人に包囲され、冬の訪れとプチ海外気分を同時に味わった後、館内のインドカリーの店へ。4種類のカリーを子供達3人とシェアした。   
   
初めて本格的なナンカリーを食べる三女5歳。   
「ほらほらほら、カレーがぽたぽたおちるおちる、ちゃんと皿の上で食べなさーい」   
「あーあー、そで口にカレーがついちゃうよ、あー」   
   
彼女のベトベトな手元に気を取られ、自分の真っ白なTシャツに中辛ポークカリーがぽたりと垂れたことに気付けなかった父。しつけ上、親としてもっとも示しがつかない状況に追い込まれ、自分の老後の立ち位置について突如天啓を得た初冬の昼下がりであった。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2017.htm#houhei-kyou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.04

りけじょ予備軍

2017-11-03043r[1](h)

2017年11月3日、近所の地区センターにて。

手品と忍術と科学ドラえもんの区別がつかない三女5歳と「科学の祭典」へ。先週の青少年科学館に続き、2週連続で理系デート。

外出先では徹底して無愛想なはずの三女をして、見ず知らずの講師の方に正対し、笑顔でありがとうと言わしめるほど、「かがくっぽいふしぎななにか」を求めてやまない最近の彼女。

ダメだダメだ、5歳児の脳細胞はなにかを完全に勘違いしている。君が今うっとりと憧れているそれらの「ふしぎたち」は、ドラえもんのひみつ道具となんの関係もないのだよ、即刻忘れなさい。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2017.htm#rikejo-yobigun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »