« りけじょ予備軍 | トップページ | 除雪メルカリ構想 »

2017.11.12

カリーとTシャツと私、豊平峡温泉

2017-11-11038[1](i)   
   
2017年11月11日、子供達3人を連れて豊平峡温泉ツアー。   
   
雪が降る露天温泉でアジア系外国人に包囲され、冬の訪れとプチ海外気分を同時に味わった後、館内のインドカリーの店へ。4種類のカリーを子供達3人とシェアした。   
   
初めて本格的なナンカリーを食べる三女5歳。   
「ほらほらほら、カレーがぽたぽたおちるおちる、ちゃんと皿の上で食べなさーい」   
「あーあー、そで口にカレーがついちゃうよ、あー」   
   
彼女のベトベトな手元に気を取られ、自分の真っ白なTシャツに中辛ポークカリーがぽたりと垂れたことに気付けなかった父。しつけ上、親としてもっとも示しがつかない状況に追い込まれ、自分の老後の立ち位置について突如天啓を得た初冬の昼下がりであった。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2017.htm#houhei-kyou

|

« りけじょ予備軍 | トップページ | 除雪メルカリ構想 »

「旅行記:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46432/66033803

この記事へのトラックバック一覧です: カリーとTシャツと私、豊平峡温泉:

« りけじょ予備軍 | トップページ | 除雪メルカリ構想 »