旅行記:北海道

2018.10.06

わたあめ協議、石狩さけまつり

2018092302621

2018年9月23日、石狩さけまつり。

この日、三女小1が欲しがったモノは、

 ・チョコバナナ
 ・点滴ジュース
 ・キンギョすくい
 ・スライム
 ・わたあめ

石狩鍋を食べながら父52歳と協議の末、本日のおねだりは「わたあめ」で一本化することに決定。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#sakematuri

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.26

ファイターズ観戦 with 女子会

IMG_2771[1]

2018年8月25日、札幌ドーム、東北楽天戦。

「お父さんオレ今日やっぱ野球やめとくわ」って、鮮やかな裏切り行為を久々に発動した自称サウンドクリエイターの長男中2にいちいち腹を立てたりしていたら人生の無駄遣いなので、予定になかった女子会ちびっ子班を誘ってファイターズ観戦。なんと今日お子ちゃま達は、立派なキャップをプレゼントされたよ、ラッキー。

清宮君がサイクルヒット王手の大活躍だった。にもかかわらず、延長12回2対2で引き分け。5時間弱、応援でへろへろ。ま、負けなくて良かった。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#fighters

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済は感情で動く、コンサ大逆転

2018-08-19008[1]

2018年8月19日、次女小6とコンサデート、札幌ドームでFC東京戦。

結果は大逆転勝利。前半0対2、絶望の淵からの後半3得点。
とてつもない勝利に思わず財布のひもが緩んで、レプリカTシャツを買い与えてしまった父52歳0ヶ月。経済は感情で動くって、つまりこういうこと。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#consadole

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.22

サブカル交流会

2018-08-12033[1](写真l)

2018年8月12日、今日は男2人で道楽三昧、サブカル交流会。

<リポートその1>
VR PARK TOKYO satellite 札幌(写真l)。
手始めにVR。あまりのスピード感と揺れと落下で、長男中2は乗り物酔い。

2018-08-12050[1](写真m)

<リポートその2>
REALmonkey札幌(写真m)。
お次は父51歳11ヶ月の趣味、古着屋に付き合わせてみたらけっこう食いついてきたので「お前わりと見どころあるヤツだな」って、「でも古着は底無しだぞ」って、「底無し沼だから深入りしないほうが身の為だぞ」って、付き合わせといて突き放す父。

<リポートその3>

昼メシ食べにスープカレー屋。
なんとまあ「RSRに出店のため臨時休業です」と。フェスは昨夜で終わっただろオイって、ツッコむ相手がいないので諦めてモスバーガーへ。ま、充分美味いけど。

2018-08-12053[1](写真n)

<リポートその4>
島村楽器札幌ステラプレイス店(写真n)。
あちこち巡ってクタクタになって、締めは長男中2の独壇場。DTM機材とギターと電子ピアノを眺めに楽器屋へ。今にもヨダレが出そうなうっとりした眼差しで見惚れているので、時折プライスカードを指差して彼を現実に引き戻す任務を全うした父51歳11ヶ月。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#douraku-zanmai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.10

支笏湖日帰り二人旅

2018年7月29日、三女小1と2人で支笏湖へ日帰りの旅。例年、夏の支笏湖の朝はかなりの高確率で雨、この日の朝も霧雨。

<リポートその1>

到着後すぐ支笏湖畔に降りた三女が、次々やってくる小波をひとつひとつ跳び越えるという、不毛かつスリリングな遊びに興じること小一時間。その後、支笏湖温泉街へ。

2018-07-29146[1]
(h)

<リポートその2>

「白鳥ボートなのに黄色いんですね(写真h)」って軽い気持ちで店の人にコメントしたら、「いやいやこの黄色いのだけは白鳥じゃなくてアヒルボートなんですよ。一艘しかないんです、乗れてラッキーですね!」ってあまりに誇らしげな答弁だったので、あれれアヒルって黄色だったっけ?と三女小1と顔を見合わせて苦笑い。

2018-07-29232r[1]
(i)

<リポートその3>
ランチは千歳バーガー(写真i)。三女小1はカニクリームコロッケバーガー、父51才はカツカレーバーガー。ボリューム満点なのにペロリといける、夏季限定ハンバーガーショップ「水の謌ガーデン」。

2018-07-29258[1](j)

<リポートその4>

帰りに丸駒温泉寄ろっか?
やったーおんせんだいすきー
今日はお父さんしかいないから君も男風呂だよ
えーーー
それって恥ずかしがってるの?
そーゆーわけじゃないけど
おっ早くも思春期?
ししゅんきってなに?
男のコを好きになって自分が嫌いになることだよ
なにそれいみわかんない
(写真j)

2018-07-29266[1](k)

<リポートその5>
いやいやそうくるだろうとは思っていたけど、想定内ではあるけれども、それにしても見事な寝っぷり。シートベルトのねじれとかチャイルドシートの存在意義とかがちっぽけなことに思えてくるという意味では、かなりスペクタクルな寝姿(写真k)。起きたら自宅、どこでもドア状態。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#shikotuko-sanjo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.20

おさる

2018-05-19066[1]

2018年5月19日、次女小6、三女小1とNAC札幌ボルダリングラソラさっぽろ(元イーアス札幌)にて。

はっきり言ってサル、次女小6。

有り得ない足運び、不自然な身のこなし、思いもよらないホールド選び。我が家唯一のスポーツマンは、不思議な身体の使い方と突飛な発想で、立ちはだかる壁をクリアしていく。なんというか、はっきり言ってサル

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#saru-borudaringu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.03

ファミリーボルダリング

2018-04-30007[1]   
   
2018年4月30日、家族とNAC札幌ボルダリング。ラソラさっぽろ(元イーアス札幌)にて。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.585 動画ボルダリングな父、NAC札幌
      (6048kb.28秒間.asf形式)            
過去のアウトドア動画

何がダメって服装がダメ、特に長男中2。オーバーサイズのマリオTシャツにジーンズって、動きづらいとか以前にエリア内の雰囲気が壊れる、空気読め。   
   
嗚呼それなのに父の100倍身軽。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#kazoku-borudaringu01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

ボルダリング部、創設

2018-03-24030[1](f)

2018年3月24日、職場の仲間NAC札幌でボルダリング。イーアスさっぽろにて。

スキー部キャンプ部、カメラ部、SUP部スノボ部に続いて、今回めでたく部活動に昇格したボルダリング部。部員は現在8名、所属や年齢や経験の有無による入部制限無し、活動日は不定期。

今後、部活動昇格を目指しているのはラフティング部、渓流釣り部、ワカサギ釣り部。昇格条件はたった1つ、活動実績のみ。VIVA道楽者

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#borudaringu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.23

第2回スノボ練習会、盤渓ナイター

2018-02-17028[1]

2018年2月17日、ばんけいスキー場にて、第2回スノボ練習会

「あっ、今わりと上手く滑れた」とか「おぉ、これはちょっとつかんだかも」とか、そういった瞬間が無かったわけではないのだけれど、その一瞬だけがモチベーションを高める要因かと聞かれたら必ずしもそうではなく、むしろ、今回やむなく参加できなかったメンバーも含め、この仲間たちと一緒に過ごすという行為そのものが「新たに何かを始めたい」的な空気を発生させているような気がする、というそもそも論。

それにつけても後頭部の痛さよ。次回はニット帽2枚重ねだなこりゃ。

詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#bankei-sunobo-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

インスタ映え考、さっぽろ雪まつり

2018-02-10066[1](d)   
   
2018年2月10日、さっぽろ雪まつり大通会場。   
   
投稿数がインスタ7割、Facebook2割、ブログ・サイト1割と、すっかりインスタ人間に様変わりしてしまった私が最近こだわらずにはいられないのは情報密度。   
   
添えられるコメントがハッシュタグという名の散文詩状態で、経緯やレビューなどの「大河ドラマ」は読まれないのがデフォルトである昨今、写真も文章も無駄を捨て、スキマをぎゅっと圧縮し、一口サイズに盛り付けたあと店先に並べる手間ヒマが求められているんだなって、つまりオードブルのことだよなインスタ映えって。   
   
というわけで、ぎゅっと詰め込んでみました、アトムを含めて画面の中に顔が4つ。あ、レオもいた。   
   
詳細ページ(PC用):http://hokkaido.life.coocan.jp/a-ippaku2018.html#yuki-maturi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧