キャンプで燻製

2004.08.09

燻製材料の下ごしらえの仕方

●魚
 <方法その1>
  ・塩をすりこみ、サランラップで包む。水気が出てきたらふき取り、もう一度繰り返す。それからスモーク。
 <方法その2>
  (1)ソミュール液(水500㏄に塩20g、こしょう少々、あればハーブなど)か塩水に30分漬ける。    
  (2)水洗いし、水気をふき取り、日陰で風邪干しする。水分が飛んだらスモークする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6Pチーズの燻製

996270141.jpg

安いプロセスチーズが、1時間ほどで高級スモークチーズに早変わり。表面が熱で少しとけて固くなる。その皮がとても香ばしくて美味い。

ということは、チーズはなるべく薄く切ってスモークすると、香ばしい部分がたくさん食べられるということになる?次回は試してみよう。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/kunnsei.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オショロコマの燻製とゆで玉子の燻製

997311151.jpg

燻製に使うスモークチップ(燻煙材)には色々な種類があって、アウトドアショップではヒッコリーやサクラがよく売られている。使用するチップによって、香りや色つきがまったく違う。味も違って感じられる。

オショロコマはくちびるが弱いので、フックで吊してスモークするとちぎれて落ちることがあるので、注意が必要。頭の固いところにフックをかけるか、写真のように金網に置くとよい。

ゆで玉子の燻製は手軽でおいしい。できあがると、よく煮込んだ「おでんの玉子」のような色になる。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/kunnsei.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマメの燻製とソーセージの燻製

997110201.jpg

燻製は簡単にできる調理法だが、時間がやたらかかる。調理そのものをのんびりと楽しむキャンプには向いている。釣りやカヌーで1日の予定が詰まっているようなキャンプには、はっきり言って向かない。火から目は離せないし。

ヤマメは燻製にしてもうまい。

ソーセージはすでにスモークされた食材(実際には、「薫液」に漬けているだけのものもあると聞いている…)だが、さらに燻製にすると香りは深くなる。

なお、魚肉ソーセージも燻製にして試したが、いまいちだった。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/kunnsei.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニジマスの燻製

996130302.jpg

燻製はバーベキューと並んで、アウトドアでしかできない料理の1つである。(一般的ではないけれど、屋内で燻製をする方法もあるそうですが…)

燻製の醍醐味は、何といっても食材そのものの持つ本来の味を、スモークの香りと共に楽しむところにある。だから食材は新鮮さが一番。釣ったばかりの魚なら最高。

ニジマスは、燻製にするととてもおいしい食材の1つです。

詳細ページ:http://hokkaido.life.coocan.jp/kunnsei.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)